FC2ブログ

指先小宇宙。

本・映画・音楽などの主観的な感想。マイワールド万歳。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

南極料理人


堺さんが出てる!しかもフードスタイリストが飯島さん!とくれば、観ます絶対。
というわけで、観ましたー。

氷点下54℃という極寒の地、南極で1年半かけて観測をする8人の男たち。
南極とはいっても有名な昭和基地からずっと離れた、ペンギンもアザラシもウイルスだって存在しない、本当に何にもない白銀の世界で、ひたすら同じメンバーと四六時中、顔を突き合わせて400日以上。
想像するまでもなく過酷です・・・。
愛する家族や恋人に会えず、嫌になっても逃げ場すらない。
こんなところで逃亡しようと思ったら、冗談ではなく死を意味しますからね。
期限付きの仕事とはいえ、すごい世界です。

家族や恋人の声が聞きたくて1分740円もする国際電話をかけてるのに、相手が何だかそっけない。受話器から、すれ違いの空気をまざまざと感じるのに、ここからではどうすることもできない・・・
仕事が嫌だサボりたい、サボっている奴がいて腹が立つ・・・などなど。
いろんな葛藤が生まれるのは当然な状況なわけで。。
そんな彼らを癒し元気付けてくれるのは、やっぱり食。
おいしいものを食べると元気になる。 
陳腐な言葉かもしれないけれど、まったくそのとおりですよね。。

だけどこの映画の彼らは、いい意味であんまりツラそうに見えなかった。笑
終始、クスクス笑いながら観ました。
過酷な状況を居心地のいい空間に作り上げて、大の男たちが騒いだりはしゃいだり。
愛すべき大人たちだなーと、南極ということも忘れて混ざりたくなってしまいました。

それぞれがいろんな思いを抱えながらも、みんなそろって食卓を囲み、ご飯を食べる。
同じ食事を取るという行為でも、食卓を囲むのと一人で食べることは全く種類が違うことなんだなぁと、ものすごく思いました。
これが個人個人で食事を取ることになってたら、絶対この仕事は続かなさそう。

最後の別れはどんな感じになることやらと思っていたけど、別れの感傷なんてほとんど皆無でした。
みんなそれぞれ晴れやかな面持ちで、家族たちと再会しています。
帰ってきて、当の本人が本当に南極になんて行ってたんだろうか、と思うくらい普通の生活に戻りきってる姿がいいですね。笑

また、エンディングがいい☆
ユニコーンすばらしい!すごくこの映画の雰囲気に合ってます。
ちなみにエンドロールの中で、彼らが南極で言ってたことを実際に行っている姿が見れます。
南極じゃなくても、このメンバーならどこでだって楽しいんじゃないかなぁ。
ときにはふと、南極での生活を恋しく思うこともあったりして。。

それにしても、出てくる食べ物がいちいちおいしそうでした。
最後のほうの食卓シーンがすごくよかった。きたろうさん、おそらく素で間違えてる・・・。笑
あと誰でも一度は想像したことがあるんじゃないかと思う、南極の氷でかき氷。
やっぱり彼らもやってましたね。笑 普通においしそうだった。。
おいしいものの連続で胃袋は逆に刺激されましたが、心の方はとても満たされました。
ああ~おいしかった!ごちそうさまです!


南極料理人 [DVD]南極料理人 [DVD]
(2010/02/23)
堺雅人、生瀬勝久 他

商品詳細を見る




カテゴリー:[観る]邦画

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Clock & Calendar

全記事(数)表示

全タイトルを表示

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

葉月

Author:葉月
気まぐれでミーハー。
飽きっぽいのが悩みです。

and more
本・映画・音楽のリスト

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

my本棚

FC2カウンター

StyleKeeper

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。