指先小宇宙。

本・映画・音楽などの主観的な感想。マイワールド万歳。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

辻村深月 「子どもたちは夜と遊ぶ」


だいぶ前に読んだ本です。上・下巻。
辻村さんの独特な雰囲気はいつも、このくらいの長さがほしいなーと思わせてくれます。

物語は、ある大学の海外留学をかけたコンクールの結果発表から始まります。
最有力候補である狐塚と浅葱。この2人のどちらかだと思われた結果は、どこの誰かもわからない幻の学生 「i」 のものに。
それから2年後。「i」と「θ」の2人によって静かにゲームが始められました。
「i」に会いたい、その思いから「θ」となって次々と殺人に手を染める浅葱(ネタバレですけど、これは割りとすぐ判明することなので 苦笑)。次第にわかってくる「i」と「θ」の過去・・・

読み進めれば進めるほど、辛くなっていく本でした。
浅葱の凄惨すぎる過去。そしてその過去を断ち切れず「i」に執着し、ゲームを苦しみながら続けていく「θ」が本当に悲しかった。
周りに寄りかかれる人がちゃんといるのに、それを信じきれずどんどん破滅の道に進んでいきます。
「i」を見つける前に、月子や狐塚ともっときちんと向き合えてたら・・・と何度思ったことか。。

読みながら、月子に自分が似ている部分をどうしても意識してしまってました。
自我が強くて、それを認識していながら開き直ってしまってること。
自分勝手な同情で体調まで崩すのはさすがにどうかと思うけど、テレビのニュースを見て泣いてしまうことのある私にそれは言えないか、と苦笑したり。
こういう子は友達少ないだろうなぁ、男にだって好かれないよ、なんて思いながら。苦笑
ただ、真紀ちゃんより紫乃を選んじゃうのは嫌ですね・・・。友達の一面を信じきって、自分はそれを知ってる自分がわかってあげなきゃと、おかしな関係になっていくのは自分にとっても相手にとっても不幸なことだと思う。

私が印象に残ったのは、蝶の卵に寄生して体を乗っ取る蜂の話。
生き物が生きていく上での必要な術なのはわかるけど、蝶の幼虫の運命が残酷すぎて悲しかった。
あと、狐塚に捜査協力を依頼するところがありますけど、いくら関係があるとはいえ、ただの大学生ににそこまで情報公開しちゃっていいんだろうか・・・。狐塚はいろんな人から頼られてすごいことになっちゃってるなぁ;; ただ狐塚みたいな努力家はとても好きですが。。

あのラストは救いのあるものだけど、それでいいんだろうかと少し考えてしまいました。
恭司が痛快なことをやってくれて、そこは気分的には浮上したのですが。
犠牲になってしまった人のことを考えると・・・うーん、どうなんだろう・・・
そんな、ただのミステリーで終わらず、いろんな余韻を残してくれる作品だと思います。


子どもたちは夜と遊ぶ (上) (講談社文庫)子どもたちは夜と遊ぶ (上) (講談社文庫)
(2008/05/15)
辻村 深月

商品詳細を見る


子どもたちは夜と遊ぶ (下) (講談社文庫)子どもたちは夜と遊ぶ (下) (講談社文庫)
(2008/05/15)
辻村 深月

商品詳細を見る


カテゴリー:[読む]た行の作家

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

tuna ⇒

辻村さんはメフィスト賞作家ですよね。メフィスト賞は大好き!なので、一度読んでみたい作家です。

この本は表紙で気になってました。内容も面白そうだし、読むんならこれにしよう~。
あ、でもこの作品は『冷たい校舎の時は止まる』の続きとかだったりしませんか?
メフィスト賞作家はデビュー後シリーズ物を書くことがよくあるので…。

  • このページのトップへ

gaker ⇒

お久しぶりです。

>真紀ちゃんより紫乃を選んじゃうのは嫌ですね・・・。

ですよね~。
この辺は読んでいてイライラするやらもやもやするやらで。
「真紀ちゃんいい子じゃん! 」なんて思ってましたよ。

狐塚が好きっていうのもよくわかります。
努力家の秀才は魅力的です。

トラックバックさせていただきますね。

  • このページのトップへ

葉月 ⇒

>tunaさん

メフィスト賞はおもしろい作家さんが多いですよねー。 私も気になります。
『冷たい校舎の時は止まる』の続きではなかったと思いますが、辻村さんの本はちらほらと他の作品の人物が出てきたりするみたいです。
私はどっちかというと、『冷たい校舎~』の方が好きです。
設定的にもメフィストって感じがしますよ(笑)


>gakerさん

お久しぶりです。
私も、真紀ちゃんいい子なのにどうして~!?ともやもやで、
狐塚と真紀ちゃんはどうにもなんないのかなーと、ヤキモキでした(苦笑)

トラックバックありがとうございます! こちらもぜひ☆

  • 2009.08.05
  • Wed
  • 09:02
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

子どもたちは夜と遊ぶ

第五十八回。 辻村深月の『子どもたちは夜と遊ぶ』 久しぶりの大当たり。 この人の作品はこれが初めてだが、名前は以前から気になってい...
...この記事を表示

  • このページのトップへ

スポンサードリンク

Clock & Calendar

全記事(数)表示

全タイトルを表示

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

葉月

Author:葉月
気まぐれでミーハー。
飽きっぽいのが悩みです。

and more
本・映画・音楽のリスト

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

my本棚

FC2カウンター

StyleKeeper

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。