FC2ブログ

指先小宇宙。

本・映画・音楽などの主観的な感想。マイワールド万歳。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

森見登美彦 「新釈 走れメロス 他四篇」


日本の古典名作を森見さん流にパロディ化(?)した作品。
『山月記』 『藪の中』 『走れメロス』 『桜の森の満開の下』 『百物語』 の五篇が収録されています。

私は今までどうしても森見さんの小説が読めなくて。
タイトルはすごく胸キュン(笑)なものが多いので毎回読んでみたーいと思うのですが、いざ開いてみると流し読みしかできず。
それは多分私が大学には進学してなくて、その雰囲気を知らないからだと思うのです。
この自由だけど濃厚で密着していて、大学以外の他者を全く受け入れてくれないような雰囲気には、入れる余地がないなぁとお手上げに近い感覚に・・・。
それってきっと私ばかりでもないと思うのだけど。以前、同じく大学へは進学しなかった読書友達と森見作品の話をしたことがあって、彼女も森見さんは読めないと言っていて、あぁやっぱりそういうもんか、と妙に納得したことがありました。
でも読めないとなると無性に挑戦したくなるんですよね。^^; とりあえずこの本なら読めそうだと購入していたのですが、やっぱりこんなに読むのが遅くなってしまいました。。

この五篇の中で原作を読んだことのあるものは、太宰の 『走れメロス』 と芥川の 『藪の中』 。
そのほかは知らない作品だったので、まっさらな気持ちで読めました。
意外と普通に読めたことに自分がビックリ。ただの読まず嫌いだったのかも・・・?
文体とか雰囲気がなんとなく古風というか独特なので、古典名作のパロディにとても合ってます。
原作が好きな方はビミョーに感じるかもしれないけど、私は割りと楽しく読めましたね。
『走れメロス』 は不思議な友情に自然とアツくなってしまってたし(笑)、『山月記』 は摩訶不思議なことになってしまった主人公の絶望感と哀愁が読後を切なくさせてくれました。

ただ 『藪の中』 はイマイチでした・・・原作の方を最近読んでしまったからでしょうか。
私としては不思議な話が好きなので、最後の 『桜の森の満開の下』 『百物語』 の方が好きですね。
とくに笑いもなく、静かに淡々と話が進んでいく感じが。
森見さんのこの手の作品をもっと読んでみたくなりました。

ちなみに森見さんといえば京都が舞台なわけですが、どうせなら先日の京都に行く前に読んで、通り一遍な金閣寺とかではなく、作中に出てくる 「哲学の道」 とか行ってみたかったなぁとそこが悔やまれてなりません・・・(涙)


新釈 走れメロス 他四篇新釈 走れメロス 他四篇
(2007/03/13)
森見 登美彦

商品詳細を見る


カテゴリー:[読む]ま行の作家

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

るるる☆ ⇒ Re: 森見登美彦 「新釈 走れメロス 他四篇」

森見さんの作品って男性向けなのかも・・って思います。苦手だって言ってるのはたいてい女性の方のような・・。
「夜は短し歩けよ乙女」は私も好きだけど、「太陽の塔」とか「四畳半神話~」とかは、私も全く受け入れられなかったし。
「走れメロス」これも借りてみたけど、私には世界に入れなくて、途中で返却してしまいました~(^^;もうちょっとじっくり読めばよかったかなって葉月さんの記事読んで後悔してます。

  • このページのトップへ

葉月 ⇒ Re: るるる☆さん

そうか、別に大学うんぬんって話でもないんですね。。
やっぱり苦手な方もいるんだ・・・ なんだか安心しました(笑)

『走れメロス』 は私も最初の数ページまでは努力が必要だったんですが(苦笑)、慣れると一気にいけました。
とくに最後の二篇は、しっとりとしたちょっとホラー要素の入ってる話だったので、
こっちの作風なら全然読めるなぁと。。
森見さんの作品は、意外と読む勢い?が重要かもしれないと思いましたね(苦笑)
『夜は短し~』 を今度チャレンジしてみます☆

  • 2009.05.13
  • Wed
  • 08:37
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Clock & Calendar

全記事(数)表示

全タイトルを表示

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

葉月

Author:葉月
気まぐれでミーハー。
飽きっぽいのが悩みです。

and more
本・映画・音楽のリスト

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

my本棚

FC2カウンター

StyleKeeper

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。