FC2ブログ

指先小宇宙。

本・映画・音楽などの主観的な感想。マイワールド万歳。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

WALL・E ウォーリー


友達の家で鑑賞。
予告編やTVCMなどを見ただけでも泣きそうになってる自分がいて、この手の作品は絶対泣いてしまうから見ないでおこうと、密かに思ってた作品。。だったのに、よりによって友達の家で観るハメになるなんて・・・
やっぱり、泣いてしまいました・・・;; 友達は平気そうだったのに・・・
「うそぉ、泣いてんの~、疲れてんだねー」 ってそうなのか・・・近頃涙腺、とても弱いのです。。

ディズニー・ピクサーといえばお馴染みの全編ほぼCGを駆使して作られた作品です。
ゴミで溢れかえる地球から宇宙船で避難した人間たち。その地球でそれから700年もの間ひとりぼっちで働き続けるゴミ処理ロボットのウォーリーは、ある日地球に降り立った高性能ロボットのイヴと出会い一目惚れ。
仲良くなったイヴが動かなくなったことを来る日も来る日も心配し、再び宇宙船に乗せられていこうとしているイヴを追って、ウォーリーも宇宙へ・・・といった心温まるちょっぴり風刺が効いたファンタジー。

ゴミの中からガラクタ・・・もといお宝(笑)を収集することを趣味とし、昔のミュージカル映画を観ては胸をときめかせたり、映画で流れる音楽を録音して聴いたり・・・その中で出会ったゴキブリくんと日々をきちんとこなしていく感情豊かなウォーリーがものすごく可愛かった☆
全体を通してロボット2人の会話自体はとても少ないのですが(名前を呼び合うくらい?)、動きがとても細やかで、しぐさなどから表情や何を思ってるのかが充分に伝わってきます。

前半が主にウォーリーとイヴの交流だったのに対し後半は、地球を捨てロボットに頼りきりで歩くこともままならなくなった人間VSロボットのような多少重たいテーマに。。
だけど、内容はわかりやすくハラハラさせつつも、あるていど予測できるハッピーエンドで、子どもはもちろん、大人も思いのほか見入ってしまうような作品になってます。

なかでも最初の方のひとりぼっちのウォーリーが、自分なりに楽しみを見つけて心豊かに働いてる姿が健気すぎる。。 ウォーリーの地道に収集した宝物で満ちた家もとても素敵☆
イヴも愛すべきキャラクターでクスリと笑えました。
観終わった後、観てよかったなって思える余韻がじんわりと残ります。
エンディング・クレジットも普通だったら単調で面白みもないものですが、これは飽きさせない作りになっていて、子どもでも喜んで観そう。その辺、やはりピクサーって感じですね。。


ウォーリー [DVD]ウォーリー [DVD]
(2011/07/06)
ジェフ・ガーリン、ベン・バート 他

商品詳細を見る





カテゴリー:[観る]洋画

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

ミナモ ⇒ Re: WALL・E ウォーリー

先日息子クンがレンタルしてきたので一緒に観ました。
映像を見るだけでほとんどセリフのない映画ってあまり観たコトなかったけど、感動する作品でしたね^^
ロボットとは言えウォーリーの純粋さがすごくココロに響きました。
初対面では攻撃してきた(笑)イヴも最後はウォーリーを懸命に直すトコロも良かったぁ~。

  • このページのトップへ

葉月 ⇒

>ミナモさん

再びコメントありがとうございます☆
私もウォーリーの純粋さにすごく癒されました…e-446
イヴの瞬殺的(?)命中率にはホレボレしましたが(笑)
人間たちも嫌味なく描かれていてよかったです。。

  • 2009.04.30
  • Thu
  • 08:56
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Clock & Calendar

全記事(数)表示

全タイトルを表示

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

葉月

Author:葉月
気まぐれでミーハー。
飽きっぽいのが悩みです。

and more
本・映画・音楽のリスト

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

my本棚

FC2カウンター

StyleKeeper

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。