FC2ブログ

指先小宇宙。

本・映画・音楽などの主観的な感想。マイワールド万歳。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

乾くるみ 「イニシエーション・ラブ」


「必ず2回読みたくなる」
「最後から2行目で、まったく違う物語に変貌する」
・・・との帯の言葉につられて、古本屋でだいぶ前に購入。
ですがそのときは、これは生理的に受け付けないかも・・・とわずか数ページで挫折。苦笑
最近まで放置してたのを引っ張り出し、頑張って読んでみるか、と・・・。

鈴木くんとマユちゃんの恋愛小説なのですが、読んでいると永遠と恋バナを聞かされている気分になります。まぁ、タイトルから恋愛モノなのは承知してましたが、ここまで読んでいて退屈(すみませんあせ)に感じるお話は久しぶり。
でも、だからといってラスト2行を読んでしまうとそれこそ、この小説を読み進めることはできなくなるだろうなぁとの思いから、そこは我慢、我慢でした。

80年代が舞台なせいか、時代を感じるモチーフがたくさん出てきます。
公衆電話、テレホンカード、カセットテープ・・・懐かしいな~と思いつつも、自分が80年代に生まれているとはいえ、なかなか共感できず。
後半あたりからようやく集中力が増してきて、最後までこのノリが続きますように・・・!と半ば祈るような気持ちで読みきりました。苦笑

うーん、これはほんとにネタバレするとおもしろくない・・・いや、おもしろくないどころか、この最後の仕掛けのために書かれた作品って気がします。
たしかに、ラストの2行で物語は変わりました。。 
ただ私の場合、そこまで 「なるほど~!」 という感動はなかったかな。^^;
最後の2行(というか最後のページ?)で唐突に異物が入ってきたような心地で、しいて言うなら 「・・・え?」 って感じですかね。で、しばらくたって 「あー・・・なるほど」 と。
鈍くてすいません・・・あせ

だからといって2回目を読み返す気にもなれず・・・
読みやすい文体ではあるのですが、せいぜいパラパラ見返すのがやっとという感じ。苦笑
他の方のレビューを見て、そこで初めて著者が男性だとわかって、ようやく納得できるものが。。
たぶんそのくだらない(?)先入観がジャマをして、妙な違和感をつくりあげてたんじゃないかと思うと、意外と著者の存在を意識しながら読んでるものなんだなーと、純粋な驚きがありました。

トリック?としてはおもしろいなと思います。
本の内容が恋愛主体じゃなければ、この方の本をもっと読んでみようかという気になりました。
この本を読む場合は、最後のページを先に開いてはダメですよ。。


イニシエーション・ラブ (文春文庫)イニシエーション・ラブ (文春文庫)
(2007/04/10)
乾 くるみ

商品詳細を見る



カテゴリー:[読む]あ行の作家

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

Ashley ⇒

お、Ashleyも最近読みましたよ。
ネタばれに配慮するとほとんど何も書けなくなるという、レビュアー泣かせの作品ですよね^^;
再読すると、また別の面白みが出てきます、といってもAshleyは二度目は流し読みでしたが。
著者が男性だったとは・・・完全に勘違いしてましたっ。

  • このページのトップへ

葉月 ⇒ Re: Ashleyさん

この作品の感想は書きづらいものがありますねー(苦笑)
ネタバレせずに書こうとすると、ただの恋愛小説といったことしか浮かびませんし・・・
私も著者は女性だと思い込んでたので、男性だったと知ったときは驚きつつも、なんだか納得してしまって。 
読んでいてとても男性の視点を感じるので・・・。
でも、後から照らし合わせるといろいろと発見があって、ちょっと怖い恋愛小説だなぁと思いました(笑)

  • 2009.04.20
  • Mon
  • 08:35
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

シッポサキシカク ⇒

葉月さんも読んだんですか!
最近友達が読み始めたり、電車で隣の席の人も読んでいたりと周りがイニシエーションラブでいっぱいです(笑)

  • このページのトップへ

葉月 ⇒

えっ!? そうなんですか??
そう言われれば、この本のタイトルで検索して来られる方が増えてるのは確かなのですが。
なぜなのでしょう? 不思議ですね。。

  • 2009.04.23
  • Thu
  • 07:29
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Clock & Calendar

全記事(数)表示

全タイトルを表示

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

葉月

Author:葉月
気まぐれでミーハー。
飽きっぽいのが悩みです。

and more
本・映画・音楽のリスト

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

my本棚

FC2カウンター

StyleKeeper

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。