指先小宇宙。

本・映画・音楽などの主観的な感想。マイワールド万歳。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

百万円と苦虫女


鈴子にシンパシーを感じます、とても。。

ルームシェアをしていた相手とトラブルを起こし、警察のやっかいになってしまった主人公、鈴子。
前科があるということで家に居ずらくなった鈴子は、自分を知ってる人のいないところへ行こうと、バイトをしつつ、100万円が貯まるたびに転々と住む場所を変えていきます。
「自分を探さない旅」 という、青春の象徴でもある(笑)自分探しの旅にアンチを唱えてでもいるかのような作品。

しかしこの映画、冒頭からすごく共感してしまいました・・・前科の方ではなく、鈴子の状況に。
飲食店でバイトしていて家に毎月2万円入れてる身としては、状況一緒じゃん!とちょっぴりシンクロニシティ。笑
そういう一致で、俄然観る気は起きるってもんです。。

海、山・・・と、これまで自分を知られたくないという思いから転々としてきた鈴子は、3番目の土地で初めて自分を知ってほしいと思う人ができます。
2人は付き合い始めますが次第にすれ違っていき、そして結局、お互いの思ってることもあまり口にしないまま別れてしまいます。もっと感情でぶつかっていれば相手の行動の意味に気付いて、鈴子はその土地に身を落ち着けていたかもしれない。
最後のシーンに、必死で鈴子を探す相手と、もしかしたら・・・なんて少し期待している鈴子がいて。
でもやっぱり2人はすれ違う人生なのね・・・と思って、そこは切なかった。

濃くなりそうになったら逃げるという関係は、とてもラクだけど自分がどこにもない。
自分は自分としてちゃんと存在してるんだけれど、他者の中に自分が存在しないことって、やっぱり寂しいことなんだろうか・・・と考えてしまいます。
自分を本当に知ってもらいたいと思う人との関係を大事にしていけばいいんではないかなーと思ってしまうのは、卑怯なことなのかなあ?あせ

私も一時期、鈴子みたいにいろんな土地で気ままに働いて過ごしたいと思ったことがあります。
現に資金を貯めようとガツガツ働いてた時期があるんです。苦笑 とにかく一人暮らしがしたかった。
けれど物事はそんな単純なことではなくって、自分が弱いせいか、周囲との人間関係を選んでしまって。
今となっては別にそれができないわけじゃないけど、でも踏み出せない自分がいて、強く生きてる鈴子がなんだか羨ましくなったり。。通帳とにらめっこなんて普通にしょっちゅうやってますからね。笑
世の中お金じゃないなんて言うけど、日々が安定しなければ心に余裕は生まれないのです。生きるためにはお金がいる。つまりは↑はお金をもってる人のセリフであって。
・・・って、なんでこんな金持ち批判みたいなこと書いてるの?^^;

「自分を探さない旅」 と銘打たれてはいるけれど、最後けっきょく鈴子は自分を見つけたんじゃないかな。ほんとの意味でたくましくなった。
今もどこかで鈴子ががんばってると思うと、私もいっちょ働いてくるか、とほのかなやる気がわいてきます。

原田郁子さんのエンディング曲が映画の雰囲気と合っていて、とてもよかった♪
それにしても、蒼井さん手足細すぎる・・・


百万円と苦虫女 [DVD]百万円と苦虫女 [DVD]
(2009/01/30)
蒼井優、森山未來 他

商品詳細を見る





カテゴリー:[観る]邦画

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

tuna ⇒

今日ヒマだったんでレンタルして観てみました!
すごくおもしろかったです!気に入りました!

僕も鈴子には共感してしまうところあります。
葉月さんとは違う部分のシンパシーかもしれませんが、
メンドウな人間関係をさけながら生きるということに。
でも孤独は全体に回帰せざるを得ないというか…、
それでもやっぱりわかりあえないというか、
なんか切ないラストでしたね~。

原田郁子さんという方はさっぱり知らないのですが、
素敵なエンディングテーマに聴き入ってしまいました。
雰囲気と合ってますよね~。

  • このページのトップへ

ヘタレオオカミ ⇒

葉月さんこんばんわー

映画館で予告を見て、気になってたんですよねー
近所のTSUTAYAは全部貸出中でした(涙)
今は代わりに借りてきた「死神の精度」を見ながらコメント中です。

鍵付きコメント、ありがとうございました!
…正直、嬉しかったです(#^.^#)
何かあればこちらもお言葉に甘えさせていただきますね(^。^)

今更ですが、リンク貼らさせていただきました。

  • このページのトップへ

葉月 ⇒

>tunaさん

ステキな作品ですよね☆ 
自立とか働くことに対して、静かなやる気を起こさせてくれる映画だと思います。
私も面倒な人間関係は極力回避したいので(苦笑)、
鈴子の生き方にはどうしようもなく共感してしまいます。
孤独は回帰せざるを得ない・・・うん、結局はそういうことなんでしょうね。
みんな最後は1人になるのですし・・・

ちなみに原田郁子さんはクラムボンというバンドのボーカリストです。
クラムボンもステキな曲いっぱいありますよ~♪
気が向かれたら、ぜひ・・・e-446


>ヘタレオオカミさん

『死神の精度』私も観ましたよー。
なかなかおもしろかったです。 犬との会話がちょっとぎこちなかったけど(苦笑)

コメント、本当にすみません・・・ヘタレさんのお言葉に甘えてしまいましたe-351
後からメールフォームとやらを使えばよかった!と気付いて、ちょっと後悔e-263
鍵付って意味深な雰囲気なんで、ちょっと抵抗ありますね(苦笑) こちらは設定してなかったんで・・・
でも、本当にありがとうございました☆ ヘタレさんも何かありましたら、どうぞお気軽に。。

リンク、どうもありがとうございます!
私もリンクさせていただきますね☆

  • 2009.04.06
  • Mon
  • 04:42
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Clock & Calendar

全記事(数)表示

全タイトルを表示

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

葉月

Author:葉月
気まぐれでミーハー。
飽きっぽいのが悩みです。

and more
本・映画・音楽のリスト

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

my本棚

FC2カウンター

StyleKeeper

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。