FC2ブログ

指先小宇宙。

本・映画・音楽などの主観的な感想。マイワールド万歳。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

乙一 「夏と花火と私の死体」


この小説もずいぶん前に読みました。乙一さんのデビュー作です。
なんだか書店に並んでいたら、手にとってみたくなるようなステキなタイトルじゃないですか??

こちら、死体が主人公という、とても斬新な設定。
仲の良い兄妹と遊んでいる最中に、お兄ちゃん大好きな妹の小さな嫉妬心によって殺されてしまった9歳の女の子の視点で語られていきます。
兄妹が知恵を絞って死体を隠そうとする4日間を描いたお話ですね。
主人公は死体の目線から物を見ているので、終始一貫した静かな語り口なわけですが、いつの間にか兄妹の動向に目線を奪われ、死体が見つかりそうになる場面ではひたすらハラハラドキドキ。とても緊張感があります。

ただこの兄妹、妹の怯えっぷりはわかるのですが、このお兄ちゃんには何か底知れぬ不気味さを感じました。まるでゲームでもしているように淡々としてる。 
見つかりそうな場面でも焦っているというよりは、ゲーム上で感じているような高揚の仕方。
私はそっちの方がなんだか怖かった・・・。
最後も最後で意外な結末で驚きでした。。

でもこの表題作よりもう1つの 『優子』 の方に、この作家さんすごいな!と驚いたんですよね。
個人的にこちらの方が完成度が高く、世界観が出来上がってるように感じたんです。
「これを16歳が書いたんだ!?」 と純粋に衝撃でした。単に好みの問題かもしれませんが。。

人形師の娘がある家に住み込みで働くことになるのですが、娘はその家で寝たきりだという奥さんの姿を一度も見ていません。運ぶ食事の減り方や様々なことから奥さんに対する疑惑が次第に膨らんでいき、夫が不在のときに娘は言い付けを破って部屋を覗いてしまい・・・という時代設定が多少古めのホラーもの。

こちらもラストのどんでん返しがすごい。いったい何が本当なのか分からなくなってきます。
乙一さんの小説に出てくる人たちは一様にみんな温度が低いなーと感じるのですが、この 『優子』 はその雰囲気にとてもよく合ってるなと思いました。

また私は乙一さんの書く田舎の描写にやられっぱなしです。すごくリアルに情景が浮かんでくるんです。
田園風景、電気の紐、アイスを食べる風景とか、所々にあらわれる方言の感じとか。。
最近知ったのですが、どうやら乙一さんの出身地と私の住んでる街は同じだったようです。
と、さりげなくカミングアウト(←古いですかね?あせ
以前、地元のフリーペーパーに乙一さんのインタビュー記事が載っていたので、なぜにこんな中途半端な田舎で乙一さんの記事が !? と思ったら、地元出身の作家さん特集だったみたいで。
『小生物語』 を読んだときにも、割りと近くに住んでらしたのかも?と想像はしてたのですが。。
好きな作家さんと共通点があるとそれだけで嬉しく、全く関係ないのに自慢してしまいました。^^;
・・・不快に思われたら申し訳ありませんあせ


夏と花火と私の死体 (集英社文庫)夏と花火と私の死体 (集英社文庫)
(2000/05)
乙一

商品詳細を見る


カテゴリー:[読む]あ行の作家

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

tuna ⇒

好きな作家とかバンドとかが同じ出身ってうらやましいです…。
僕は兵庫ですが、好きな作家とかバンドとかいないんですよねぇ。
地元の雰囲気出してる作品って地元の人だとまた違った感じがするんだろうなぁ。

葉月さんは福岡だから(街は違うでしょうが)ナンバーガールと一緒じゃないですか!
いいなー、って、べつにうれしくないですよね?(笑)
でも僕はすっごくうらやましいですよ~

  • このページのトップへ

小春 ⇒ ☆ミ

こんばんは(^^)

いつもコメントありがとう♪

本を読むより、葉月さんのブログ読んで居る方が楽しいかも?!
ホントに、上手くお書きなる(⌒^⌒)b 

サスペンスは読みますが
ホラーは読みません。。。単純に怖いからです(^^;
死体の目線って、、、いろんな捉え方があるんですねぇ
世の中は、広い!

  • 2009.03.17
  • Tue
  • 19:06
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

葉月 ⇒

>tunaさん
兵庫県かー・・・漫画家の矢沢あいさんは確か兵庫でしたよ。
って、関係ないですね(苦笑)

ナンバーガールは以前何かで読んだのですが、向井さん行きつけのレコード店が近くにあるみたいです。。 
今もあるのかな・・・?
そういえば、解散するときに市内の学祭でライブがあったようなのですが、気付いたときには終わってました・・・(悲) 無料だったのに!と今でも悔やまれてなりません・・・e-441


>小春さん
そんな嬉しいお言葉をいただくと調子に乗ってしまいますので・・・(苦笑)
小春さんのブログは言葉がとても活きているな~と、いつもハッとさせられてます♪ 
またぜひお邪魔させてください☆

私はけっこうホラーとか非日常モノが好きなので、こういうお話はワクワクしながら読んでしまうのですが(笑)
でも、死体の目線というのはあまり出会ったことのない類でした。。
まだまだ自分が知らないだけで世の中にはいろんな本があるんだろうなぁ・・・。

  • 2009.03.19
  • Thu
  • 09:20
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

gaker ⇒

乙一さんと同郷なんですか~。
何だか羨ましいです。

この作品がデビュー作で、しかも学生の時に書かれた作品って本当に凄いですよね。
鬼才と呼ぶに相応しい作家だと思います。

  • このページのトップへ

葉月 ⇒ Re: gakerさん

自分と同じ出身っていうと、やっぱり見え方も違ってきちゃうんですよね・・・
それだけで、読んでみようかなーと思うこともありますし(苦笑)
この道歩いていたかも?とか、いろいろ想像してしまいます。。

でも同じ出身というと、乙一さんがデビューした歳の頃、自分が何をやってたかを思い出して、
情けなさもひとしおなんですが・・・(汗)

  • 2009.03.20
  • Fri
  • 09:54
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

藍色 ⇒

同郷でしたら、親近感が持てますよね。

トラックバックさせていただきました。

  • 2009.03.20
  • Fri
  • 17:49
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

葉月 ⇒ Re: 藍色さん

はい(笑) 親近感あって、乙一さんの作品追っかけたくなりました。。

いつもトラックバックありがとうございます♪
こちらもトラックバックさせていただきますねー。
また、よろしくお願いします☆

  • 2009.03.20
  • Fri
  • 20:04
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夏と花火と私の死体 乙一

九歳の夏休み、少女は殺された。あまりに無邪気な殺人者によって、あっけなく―。 こうして、ひとつの死体をめぐる、幼い兄妹の悪夢のような...
...この記事を表示

  • このページのトップへ

スポンサードリンク

Clock & Calendar

全記事(数)表示

全タイトルを表示

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

葉月

Author:葉月
気まぐれでミーハー。
飽きっぽいのが悩みです。

and more
本・映画・音楽のリスト

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

my本棚

FC2カウンター

StyleKeeper

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。