FC2ブログ

指先小宇宙。

本・映画・音楽などの主観的な感想。マイワールド万歳。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

俵万智 「トリアングル」


短歌で有名な俵万智さんの初小説です。たしか映画化もされたんですよね・・・
出版された頃に読んだのでもう5年ほど前になりますが、実はこの本の主人公にはまったくと言っていいほど共感できませんでした。苦笑

私は読んでいてつまらないなーと感じる本でも、とりあえずは最後まで読むことにしています。
ラストがよかったら、それで本の印象もだいぶ変わることってあると思うし。
きちんと読まずに感想は言いたくないっていう、まぁ自分だけのポリシーなんですけどね。。
もともと、俵さんの短歌はすごく好きだから余計にいろいろと厳しく見てしまったのかもしれませんが、とにかくガッカリしたというのが心情です・・・(悲)

主人公はフリーライターをしている薫里。
薫里は長いことフリーカメラマンのMと不倫をしています。お互いを尊重しあって何不自由のない恋愛をしていて、Mの妻や子どもは不倫の事実を知りません。
そんな中、親友を通して知り合った年下のフリーター圭ちゃんとも関係を持つようになり、薫里はそのどちらとも気ままな関係を続けていきます。

・・・とにかく読んでいて薫里にちっとも魅力を感じなかった。
最初から最後まで自分勝手な感情や解釈で突き進んでいきます。
Mは大人だから(?)薫里に振り回されるということはないけれど、圭ちゃんの方は薫里との関係に悩んで性的な病に陥ってしまうのに、そうなってしまった圭ちゃんを重いと感じてしまったり。
圭ちゃんとの関係に自分から勝手に距離を置いているのに、友達に自慢したいがために深夜の飲み会に呼んで、みんなに羨ましがられたことに満足して欲情したり・・・と、圭ちゃんがあまりにもかわいそうな扱われ方。

でも、そんな圭ちゃんにも実はほとんど共感できないのです・・・。苦笑
むしろ読んでてイライラしてしまうような子どもっぽさがあって。
Mについてもいまいち掴みどころのない人物だなーという印象なんですよね。
周りの人々も薫里に都合よく動いていて、ちょっと感覚的な古さを感じてしまうような場面もありました・・・あせ

この小説は物語のシチュエーションにあった短歌を織り交ぜつつ進むのですが、やっぱり短歌は文句なしに良いんですよね。情景が鮮やかに切り取られていて、温かみを感じさせる視点。
なのに、小説だとなんでこんななんだろう・・・と失礼を承知の上で考えてしまいますあせ

よしもとばなながこの本の感想を 「主人公は付き合っている2人のどちらも見ていなくて、自分を見ている」 と言ってましたが、なるほどなぁ~と妙に納得しつつ、やっぱり嫌いだ この主人公、と思ったのでした。苦笑

当時、人知れず書き殴っていた読書メモ(笑)には、「唯一共感できたのは親友との場面だけ。たった16ページ足らずだった!300ページ以上あるのに!!」 と、怒りの感想が綴られてました・・・
昔の自分のほうが、パンチのある感想を書いてたんだなーと我ながらビックリですけど。^^;

それにしても、おもしろかった作品よりも嫌いな作品のほうが詳細に覚えているのはどうしてなんですかね??
記憶も楽しかったことより嫌な思い出のほうが鮮明で、なかなか忘れられなかったりするし・・・。
案外、あの作品大っ嫌い!って言われるほうが興味わくこともあるし。笑
負の感情のほうが圧倒的に強いのかなぁ。なんかやだなー、それって・・・。

↓例によって文庫本よりもこっちのジャケットが好き。

トリアングルトリアングル
(2004/05)
俵 万智

商品詳細を見る


カテゴリー:[読む]た行の作家

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

小春 ⇒ ☆ミ

こんばんは、葉月さん(^^)

この映画、なぜか息子がレンタルして観ていたような記憶が…
短歌が入るたびになぜか笑っていた声がしていたような…

嬉しいことって、きっと肌に馴染むんじゃないかな?
嫌なことって、オデキにみたいにイツまでも気になるよねっ(^^ゞ

私も嫌なことの方が、後を引きずり凹んでしまうけど…
それって、反省しているんだって言った仲間がいましたよ!

おやすみなさい、葉月さんがいい夢みれますように☆彡


  • 2009.03.13
  • Fri
  • 01:23
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

葉月 ⇒ Re: 小春さん

いつもコメントありがとうございます♪

息子さんが観られたんですかー? 
私は映画の方は観ていないのでなんとも言えないのですが・・・
たしか官能シーンが豊富だというウワサ(?)は聞きましたよ(笑)
短歌はたしかに小説の方でも、唐突な入り方なので違和感はありますけど、
そのひとつひとつを物語と切り離して読むと、素晴らしい作品が多いですよ♪

嬉しいことは肌に馴染む・・・なるほど!
ステキな考え方ですね♪ 目からウロコでした☆
小春さんのブログにもまた遊びにいきますね。 ありがとうございましたe-446

  • 2009.03.13
  • Fri
  • 08:50
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Clock & Calendar

全記事(数)表示

全タイトルを表示

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

葉月

Author:葉月
気まぐれでミーハー。
飽きっぽいのが悩みです。

and more
本・映画・音楽のリスト

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

my本棚

FC2カウンター

StyleKeeper

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。