FC2ブログ

指先小宇宙。

本・映画・音楽などの主観的な感想。マイワールド万歳。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

緑川ゆき


今でこそ人気の緑川さん。
『あかく咲く声』 の頃からずっと読んできているのでなんだか感慨深いですね。。

そもそも私は、彼女の存在を男の友達から聞いて知りました。
なんか知らんが好き、という彼の曖昧な感想を聞いて(笑)、そういえば男の人ってどんな少女マンガをおもしろいと感じるんだろう?と興味が湧いたので、その時ちょうど完結していた 『あかく咲く声』 を買ってみたんです。

なんというか第一印象としては、絵にクセがあって、主人公たちの丁寧な言葉遣いが少し固い。
だけれど、妙に好感がもてるんですよね。
それはたぶん、おまけのページなどでもわかるように、緑川さんの人柄の良さが伝わってくるからだと思います。愛情を持って作品に向き合ってることがものすごく伝わってくる。

設定のおもしろさと、動きの描写がとてもうまい人だなーと思いました。『あかく咲く声』 はのんびりしているように見えて、実は活動的。アクションシーンが想像しやすくて、ワクワクします。 
あと、緑川さんの描くモノローグがとても好きですね。。
 
それからというもの、書店で緑川さんの新刊を見つけたら何の躊躇もなく手にしている自分がいます。
中でも、『蛍火の杜へ』 という短編はものすごく完成度が高いと思う。
幻想的で儚くて、読みながら泣きそうになりました。
こういう消えていってしまうような流れって、他の作品でもときどき感じられますね。
けれど、あとにはあったかい気持ちが残るというも緑川作品の良さかな、と思うんですけど。

現在連載中のアニメにもなってる 『夏目友人帳』 は妖怪モノで、作風的にいっても今市子さんの 『百鬼夜行抄』 が浮かんでしまうのですが、そこまでの完成度というか、突き抜けてる感はあまりないんですよね。でも、明らかに 『百鬼夜行抄』 とは違う種類の、あたたかさや切なさを感じます。 
続きがどうしても読みたい!という衝動的な感情ではなく、この人の紡ぐ優しい空気にもっと触れていたいと思わせてくれる何か。
だから、友達が言った 「なんか知らんが好き」 という感想はとても的を得ているなーと。。

ここからが本題。笑
『夏目』 も好きなんですけど、私は 『緋色の椅子』 がいちばん好きだったりします。 
ファンタジーですが、緻密に考えられた世界観で闘いのシーンが流れるようでとてもステキ☆
絵になるシーンをたくさん知ってる方だな、と感心してしまいます。
国王の椅子を巡っての争いの話ですが、人間模様の哀しさとか所々のモチーフがまるでガンダムだと思って。赤い星の異名を持つ傭兵とか、シャアじゃあるまいし !? なんて・・・。違うけど(笑)
・・・大げさでした。すみません^^;

3巻は怒濤の展開でとてもおもしろかったのですが、どうやら打ち切りになってしまったみたい(悲)
どうしてこう、ステキな作品を切っちゃうかなー・・・。すごくもったいない。

でも、やっぱりいちばん好きだぁ。今見返して再確認。
登場人物たちそれぞれの想いが渦巻いて、あの終結。泣いちゃいましたよー・・・
緑川作品では初泣きでした。。

・・・それにしても前置きの方が長い感想。^^;


緋色の椅子 1 (花とゆめCOMICS)緋色の椅子 1 (花とゆめCOMICS)
(2002/12/05)
緑川 ゆき

商品詳細を見る


蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
(2003/07/05)
緑川 ゆき

商品詳細を見る


カテゴリー:[読む]漫画

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Clock & Calendar

全記事(数)表示

全タイトルを表示

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

葉月

Author:葉月
気まぐれでミーハー。
飽きっぽいのが悩みです。

and more
本・映画・音楽のリスト

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

my本棚

FC2カウンター

StyleKeeper

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。