FC2ブログ

指先小宇宙。

本・映画・音楽などの主観的な感想。マイワールド万歳。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

浅野いにお 「おやすみプンプン」


とても好きな漫画家さんです。
この漫画は1巻が出たときにジャケットとタイトルのインパクトにやられて、即買いでした。
なになに、ファンタジー?とか思いながら気軽な感じで読むと、えらいことになりますよ。笑

プンプンという少年の成長物語なのですが、このプンプン、どう見ても見た目が鳥・・・であってる?
でも、どこにでもいそうな普通の男の子。なぜかプンプン一家は不思議なビジュアルなんですが、そこで繰り広げられる出来事は紛れもない人間模様なんです。

プンプンの家は、こんなキュートななりをしていながら、とても破綻しています。
家庭内暴力で父親が逮捕され両親が離婚。母親は病院でプンプンをなぜかシカト状態。
そのためフリーターの叔父がプンプンの面倒を見ることに。

1・2巻はまだ小学生のプンプンが、一目惚れの愛子ちゃんを救いたいと、いろんなことに悩み傷つきながらも成長していきます。プンプンたち小学生の持つ純真さ、たくましさ、勇敢さに、あの頃は毎日が大変で、毎日に感動があったなぁと、とてもあったかい気持ちにさせてもらいました。。

3・4巻では中学生に進級。
彼らは成長していき、昔はあった、わけもなく信じていた自分を徐々に見失っていきます。
それぞれにいろんな思想・哲学が生まれ、挫折を味わったり、逆に新たな自分に目覚めたり。 
そして、うすうす気付きだす自分の限界。

ところで。プンプンの好きな愛子ちゃんは、どうしようもない寂しさを抱えています。
自分に正直で、それゆえ周りが見えていなくて、自分だけを愛してくれる人が好きという、受け身なのに潔癖なある意味 素直すぎる子。
プンプンはそんな愛子ちゃんを想えば想うほど、自分の狡さや汚さを痛感します。
愛子ちゃんは結局のところ自分しか見えてないのに。。
中学生なのになんて痛い恋愛してるんだろう。すごいな中学生・・・と変なところで感動してしまいました。苦笑

それから、この漫画の中には神様という存在がちらほら出てきます。
それこそ他者と共有する神様であったり、自分の中だけの神様であったり、はたまた人を信じることの難しさだったりで、読んでいると宗教的なテーマをとても感じるのですが・・・。

次の巻ではプンプンたちは、いよいよ高校生に突入のようです。
小学生のプンプンはほんとに可愛くて胸をキュンとさせてくれたものですが、中学生のプンプンはだいぶ荒んで壊れてきました。気持ち悪い笑いを浮かべるようになったし・・・^^;

正直言うと、3巻まではものすごくおもしろかったのに、4巻の方はいまいち乗りきれず・・・あせ
プンプンの叔父さんの壮絶な過去話が読めるのですが、劇画ちっくで迫力がある割りにはサラッと素通りしてしまったような感覚なんですよねー・・・。
今後どうなっていくんだろう? ステキな結末なんて期待できないかもしれない・・・
そんな不穏な空気をまといつつ、次巻に期待します。。

個人的に、鼻に絆創膏をつけてた関くんが好きなんで、もうちょっと彼を出してほしい・・・。笑


おやすみプンプン 1 (ヤングサンデーコミックス)おやすみプンプン 1 (ヤングサンデーコミックス)
(2007/08/03)
浅野 いにお

商品詳細を見る



カテゴリー:[読む]漫画

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Clock & Calendar

全記事(数)表示

全タイトルを表示

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

葉月

Author:葉月
気まぐれでミーハー。
飽きっぽいのが悩みです。

and more
本・映画・音楽のリスト

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

my本棚

FC2カウンター

StyleKeeper

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。